社長挨拶

GREETING

鋳物って、いいもの!



「金」に「寿」+「もの」で「鋳物(いもの)」、何故こんなおめでたい字を書くのかご存知ですか?

鋳物は、限りある地球資源である「鉄」のクズを再生させ、自由なカタチを創造し、音や振動を吸収する環境にやさしいもの。そんな鋳物は、古から人々の生活を支え続けて来ました。だから「金」に「寿」、鋳物って「いいもの」なのです。

鋳物づくりは、紀元前四千年から伝わるとされています。「火」を扱うことができた人類は、やがて万物の霊長となり、その営みの中から鋳物づくりは誕生し、進化して来ました。つまり鋳物は、地球で暮らす人々の生活・ものづくりの「根源」。世界と同様に、日本のものづくりも、強いては日本の成長も、鋳物が支えて来たと言っても過言ではありません。

しかし、そんな大切な鋳物が、日本では減る一方です。それは、かつて「技術大国」と言われた日本の衰退を意味します。グローバル世界と経済・市場の変化など、原因は色々ありますが、鋳物づくりが「火」を扱う大変な仕事であることも、大きな要因の一つでしょう。

私たちは、そんな「鋳物」づくりにこだわる会社です。繊細な日本人の手による鋳物づくりは、とても希少で貴重な技術。その鋳物に機械加工を施し、重要部品として完成させます。私たちは、鋳物の特性を活かした「パーツメーカー」です。

なくてはならない鋳物づくり、その技術の維持向上を計り、日本の、日本のものづくりの根源を支え続けて行きます。古久根グループをよろしくお願いいたします。

株式会社 古久根/コクネ製作株式会社
代表取締役 社長




企業理念


私たちはものづくりを通して社会に貢献し、
会社と共に成長することを目指します。

社是

信頼と勇気